11/30(火) 引込口幹線工事(集合住宅編)

田原市赤羽根町 S様集合住宅にて引込口幹線工事

こちらのお客様は、今回、集合住宅(1棟6戸)を新築されました。

 

それではその中の引込口幹線工事の様子をご覧下さい。

30日1s.jpg

@集合計器盤 8窓用を使用します。屋外防水仕様。

 幹線配管支持金物はステンレス製レースウェイを使用しています。

 

30日2s.jpg

A幹線導入部分はプルBOXにて受けています。

 

30日3s.jpg

B幹線引込口部分はウェザーカバーにて雨水の浸入を防ぎます。

 

30日4s.jpg

C盤、プルBOXは外壁との合わせ部に必ずコーキング処理を施します。

 

30日5s.jpg 

D水抜き穴は必須です。

 

30日6s.jpg

E各戸へ電源を供給するブレーカー MCB3P40Aを取付けます。

 

30日7s.jpg

F共用回路は3回路設けています。保守用コンセントもあります。

 

30日8s.jpg

G集合計器盤の1窓に自動点滅器を取付けます。

 

30日9s.jpg

HBSアンテナは専用S型マスト40Aにて強固に取付けます。

 

30日10s.jpg

Iこれで引込口幹線工事が完了しました。

 

 

引込口幹線工事は、建物に電気を供給する大切な部分です。

施工不良は入居者6世帯にご迷惑をかけてしまいます。

そのような事がないよう、施工は確実に行います。

サイテックスに集合住宅新築工事を

ご依頼頂きありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

8/23(月) 幹線工事

豊川市諏訪 H病院様にて動力幹線入替工事

こちらのお客様は今回、長年使用したX線CTスキャンを入替えることになり、

それに伴い電気回りの配線をそれに対応出来るサイズに変更しました。

 

それでは工事の様子をご覧下さい。

 

 

樋口Hp1 小.jpg

@これが今までお使いのX線CTスキャンです。

 

樋口Hp2 小.jpg

AそのX線CTスキャンに電気を送る開閉器です。

 MCB3P100AからMCB3P150Aに取替えます。

 

樋口Hp3 小.jpg

Bよく見ると接続回りの納まりが雑に仕上がっています。

 

樋口Hp4-1 小.jpg

C-1 これがX線CTスキャン専用のケーブルです。

 CVT38°からCVT60°に入替ます。

 

樋口Hp4-2.jpg 小.jpg

C-2 これが開閉器MCB3P150Aのブレーカーです。

 

樋口Hp5 小.jpg

D開閉器盤のブレーカーを取替えています。

 

樋口Hp6 小.jpg

Eケーブルに専用の油圧工具でターミナルを取付けています。

 安全に電気を送る大切な作業です

 

樋口Hp7 小.jpg

Fブレーカーにケーブルが確実に接続されました。

 

樋口Hp8 小.jpg

Gこれが入替するCVT60°のケーブルです。

 

樋口Hp9 小.jpg

Hケーブルの通線作業です。

 隣家が接近しているため、高所作業車が使えず長ハシゴにての作業です。

 安全には細心の注意を払っています

 

樋口Hp10 小.jpg

I室内の天井、壁、床を傷つけないよう慎重に入替作業をしています。

 もちろんヘルメットは常に着用

 

樋口Hp11 小.jpg

J全ての作業が完了し通電テストと絶縁抵抗測定をして完了です。

 

 

これで新しいX線CTスキャンの納入待ちです。

患者様の生死に関わる大切な機械です。

ですから、細心の注意を払って工事をさせて頂きました。

 

当社にX線CTスキャン入替の電気工事をご注文を頂き

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

7/30(金) フォグクールシステム

田原市赤羽根町 H酪農様にてフォグクールシステム工事

こちらのお客様は牛舎の換気設備を少しでも改善するために今回フォグクールシステムを

導入しました。これにより乳牛が快適でいられるよう霧状の水が自動で吹出します

 

それでは工事の様子をご覧下さい。

 

フォグ1 小.jpg フォグ2 小.jpg
フォグ3 小.jpg フォグ4 小2.jpg

@これが部材一式です。

 

フォグ5 小.jpg

A部材の加工をしています。

 漏水しないようシールテープにてしっかりと加工します。

 

フォグ6 小.jpg

B牛舎内にステンレスワイヤ―を張り高圧ホースを結束します。

 

フォグ7 小.jpg

Cノズルユニットを取付けています。

 

フォグ8 小.jpg

Dホース金具にてT型分岐します。

 

フォグ9-1 小.jpg

E-1 これがフォグクールシステム本体です。架台を設け腐蝕を防ぎます

 

フォグ9-2 小.jpg

E-2 振れ止め金具も取付けます。

 

フォグ10 小.jpg

Fコントロールユニットです。24時間タイマー+時限タイマーを

 組み合わせてあります。好きな時間帯に好きな時間調整が出来ます。

 

フォグ11 小.jpg

G一次側給水配管にフィルターを通します

 ゴミ、粒子をここで取り除き配管の目詰まりを防ぎます

 

フォグ12 小.jpg

H蛇口を2分岐用に取替ました。

 

フォグ13-1 小.jpg フォグ13-2 小.jpg
フォグ13-3 小.jpg フォグ13-4 小.jpg
フォグ13-5 小.jpg フォグ13-6 小.jpg
フォグ13-7 小.jpg  

I2棟分全ての工事が完了しました。

 

 

猛暑を乗り切るには、このシステムは大変素晴らしいと思います。

お施主様の乳牛に対する気持ちが伝わってきます。

これで生産が更にアップするといいですね。

 

当社にフォグクールシステム工事をご依頼頂きありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

7/27(火) 分電盤

田原市田原町 W店舗様にて分電盤更新工事。

こちらのお客様は現在40A(アンペア)のご契約で、今回自販機を店舗入口に

設置する計画があり、契約容量を50AにUPしました。

それに伴い50A、60Aに対応出来る分電盤に更新することになりました。

 

それでは工事の様子をご覧下さい。

 

 

分電盤1 小.jpg

@これが今までお使いの木製木箱の分電盤です。ずい分年代物です。

 

分電盤2 小.jpg

Aこちらが今回取付けます分電盤です。

 リミッタースペース+漏電遮断器50A+10回路予備2回路カバー付きです。

 

分電盤3 小.jpg

Bこちらが契約ブレーカーです。

 左側が今までの40Aブレーカー、右側が新しい50Aブレーカーです。

 

分電盤4 小.jpg

C既設分電盤をバラしています。

 

分電盤5 小.jpg

D新しい分電盤を取付けます。

 

分電盤6 小.jpg

E契約ブレーカー50Aを取付けます。

 

分電盤7 小.jpg

Fトルクドライバーにて確実に締め付けます。

 

分電盤8 小.jpg

G全ての結線が終わり完了です。

 

分電盤9 小.jpg

H露出部分は化粧モールにて仕上げて完了しました。

 綺麗に仕上がりました。

 

 

分電盤は建物全部の電気設備の心臓部です。

最近、電気設備が多くなっていますので

余裕をもった分電盤にすることをおすすめします。

事故があってからでは遅いですからね。

 

当社に分電盤の更新工事のご依頼を頂きありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

7/24(土) 引込み線

田原市田原町 Y店舗様にて引込み線の取付け工事(中部電力様より委託工事)。

こちらのお客様は、区画された同一建物に2口契約を申請し、電灯DV60°、動力DV100°

の引込み工事を行ないます。

 

それでは工事の様子をご覧下さい。

 

引込み線101 小.jpg

@着手前の状況です。

 

引込み線102 小.jpg

A電線接続材(PJコネクター)です。

 各種サイズ、数量もこれだけあります。

 

引込み線103 小.jpg 

B巻付グリップ、碍子、金具等です。

 

引込み線104 小.jpg

C引込み用DV線です。電灯60°、動力100°太ものです。

 

引込み線105 小.jpg

D電灯線60°に巻付けグリップを取付けます。

 

引込み線106 小.jpg

E取付け完了しました。これは最近開発された新工法で

 非常に施工性がよく、すぐれ物です。

 

引込み線107 小.jpg 

F動力線100°に引留め碍子を取付けています。

 

引込み線108 小.jpg

G取付け完了しました。

 

引込み線109 小.jpg

H電柱側電線の被覆はむきます。

 

引込み線110 小.jpg

I表わしになった銅帯部は表面のサビをワイヤブラシにて落とします

 

引込み線111 小.jpg

J電線磨き完了です。

 

引込み線112 小.jpg

KPJコネクターを取付けます。

 

引込み線113 小.jpg 引込み線114 小.jpg

L、M建物側(支持点側)の接続部分です。

 

引込み線115 小.jpg

N専用ラチェットにて確実に接続します。

 

引込み線116 小.jpg

OPJカバーを取付けます。

 

引込み線117 小.jpg

P接続完了しました。きれいに整列しています。

 

引込み線118 小.jpg

Q建物側の接続、電灯、動力完了です。

 

引込み線119 小.jpg

R引込み線取付け工事完了しました。

 

 

引込み線は建物に電気を供給する入口の大切な部分です。

いつも安全で事故のないよう、最大の注意を払って工事をしています。

 

当社に引込み線工事のご依頼を頂きありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

7/13(火) 積算電力計

田原市田原町Y店舗様にて、積算電力計の取付工事。(中部電力様より委託工事)
こちらのお客様は区画された同一建物に2口契約を申請し電灯動力併せて4個の
積算電力計を取付けます。

 

それでは工事の様子をご覧下さい。

 

 

積算電力計1 小.jpg

@中部電力様より預かったメーター器は大切に保管しています。

 

積算電力計2 小2.jpg

A取付前の分電盤内です。

 

積算電力計3 小.jpg

B落下させないように慎重に作業しています。

 

積算電力計4 小.jpg

Cケーブルの長さを決め切断します。

 

積算電力計5 小.jpg

D二次側のケーブルを切断しました。

 きれいに揃っています。

 

積算電力計6 小.jpg

Eターミナルを取付けています。

 

積算電力計7 小.jpg

Fターミナル取付完了です。

 

積算電力計8 小.jpg

GT型トルクレンチにて増締めします。

 

積算電力計9 小.jpg

Hターミナルの取付完了しました。

 大変きれいに整列しています。

 

積算電力計10 小.jpg

Iプレッシャーネジの締め付け確認は忘れません。

 これが緩んでいると正しい使用量が読み取れません。

 

積算電力計11 小.jpg

Jカバーを取付完了です。

 

積算電力計12 小.jpg

K同様に4個のメーターの取付が完了しました。

 

 

積算電力計は電気料金を読み取る大切な機器です。

ですから、いつも丁寧に取り扱っています。

当社に、積算電力計の取付工事をご依頼頂き

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

お気軽にお問合わせ下さい

▼▼お電話での無料相談はこちら▼▼
 
TEL :0531-23-0012
受付時間 : AM 8:00 〜 PM 7:00 年中無休
*その他の時間帯は無料相談フォーム・Fax・E-Mailをご利用下さい。
Fax : 0531-23-2456
E-Mail : sitex@sirius.ocn.ne.jp
 
 


かわいい太陽光発電&オール電化のご相談はエコ壱本店かわいい
ぴかぴか(新しい)蓄電池・蓄電池システムのご相談は全量買取太陽光発電&蓄電池相談室ぴかぴか(新しい)